【フォーサイトの長所】
【フォーサイトの短所】

 「通信」による学びの長所短所はどんなものが挙げられるでしょうか?

【通信の長所】
(イ)テキストや教材が届き、それをもとに自分のペースで勉強ができる。
(ロ)さまざま情報が届き、傾向・対策が立てられる。
(ハ)比較的費用が抑えられる。
(ニ)フォーサイトなら、フォローシステムが充実している。

【通信の短所】
(イ)すぐに質問ができず、
(ロ)DVDの講義を受けても緊張感が保てません。
(ハ)受講料がかかる。
(ニ)が、フォーサイトなら、そんなことはありません。

「ニ」については、私個人の経験と思い入れを含めての感想です(笑)。
「通信」が誰にでも最適な勉強法だと限りませんが、
フォーサイトの通信講座は多く受講者にとって最適なのは言うまでもありません。
私は先輩のアドバイスがあり、迷うことなくフォーサイトの通信講座に決めました。
すぐに無料サンプル教材を取り寄せましたが、
パンフレットに書いてあった“合格に必要なものはすべて揃っています”というキャッチコピーに
安心感を得たことを覚えています。そこまで言い切るのは訳がある。
そう思い、まったく迷いはありませんでした。

【フォーサイトの長所】
(イ)フルカラーテキストで見やすく、使いやすく、覚えやすい。
(ロ)ハイビジョンDVDで効率的な勉強ができる。
(ハ)インターネットを使ったさまざまなシステムがある。
(ニ)実務家講師の話が面白い。
(ホ)他にもいろいろあって、紹介しきれない……。

毎年20万人近くが受験する宅地建物取引主任者の合格率は約17%。
それが、フォーサイトの通信講座で受験した人の合格率は、その1.73倍に! 

【フォーサイトの短所】は思い付きませんが、あえて言えば(イ)広告費をかけていないので情報量が少ない、ということでしょうか。
その分、口コミという最も信頼できる方法で広がっています。

まずは、ホームページへアクセスしてください。
受講料やテキスト概要に加え、「合格体験記」「受講者の声」などさまざまなメニューがありますから、
たくさんの情報を入手できます。検討を加えた上で決めましょう。