信頼をいただけるのは、
宅地建物取引主任者の資格。

お恥ずかしい話ですが、宅地建物取引主任者の資格については、さほど詳しくありませんでした。
就職活動中に不動産関連企業を訪問し、いろいろ話を聞くうちに話題になった資格です。
「もし、就職を希望するなら宅地建物取引主任者の資格は必須ですよ。
入社後に取得することもできますが、時間がある学生のうちにトライしてみれば」と
アドバイスされたものの、上手く行きませんでした。
そこで、まずは資格そのものを調べ直すことにしたのです。

何となく「不動産業には欠かせない資格」だという認識はありましたが、
具体的な仕事とはどんなものでしょうか? 不動産業界に勤めるならば、知っていて当然のこと。
資料にはこんな風に書かれてあります。

不動産の契約が成立する前に、「重要事項説明書」に記名し押印する。
②「重要事項説明書」を、物件を入手しようとしている当事者に交付し説明する。
③ 契約成立後、遅滞なく 売主と買主に渡す「契約書面」に記名し押印する。

というのが主な仕事。
要するに、地主さんや大家さんに代わって、不動産を購入したり、
住まいへの入居を希望したりするお客様と交渉を行うのです。
仕事は他にもあり、取り扱う物件のメンテナンスや、新規物件の開拓やセールスなどさまざま。
そのなかで、特に宅地建物取引主任者の資格がなければできない仕事が
上記の3つの仕事なのです。
高額な不動産の取引は、一生で一番高い買い物と言われています。
しかしながら、「不動産取引に必要とされる知識を持ち合わせていないケースがほとんど」で、
「売り手側も含めて、不正や不利益が生じないため」にも、
宅地建物取引主任者の資格を有する担当者が仲立ちしなければなりません。
それだけに責任の重い仕事です。
新入社員といえども、国家資格である宅地建物取引主任者の資格を持っていれば、
お客様もオーナー様も信頼を寄せてくださるのです。

何としても二度目の試験で合格したい!
決意を新たにし、先輩から聞いたフォーサイトの通信講座でしっかり勉強することにしました。